にっぽん丸クルーズ公演終了




にっぽん丸 春の宴クルーズにて公演が

無事に終了しました。

2021年3月29日~31日 神戸発着





3月29日

【船内新聞】

中身はイベント&食事スケジュールや各施設の案内など掲載


ワークショップ(4階ドルフィンホール)


「狂言とは」

①15:00~15:30

②16:00~16:30


「能楽を知る」

①18:00~18:45

②20:30~21:15


混雑を避けるため、それぞれ同じ内容を2回行いました。


(4階ドルフィンホール)

二層吹き抜けのホールです。

舞台前には大きなアクリル板を設置。



「能楽を知る」では、私も出演の能楽紹介動画 から始まり、翌日「翁」の解説。囃子の楽器の解説や実演。又、私がモデルとなり能装束の着付けや能面の解説をし、実演をしました。

(客室のテレビからもliveで放送されてました)


クルーズ公演ということで揺れや船酔いを覚悟してましたが、瀬戸内海は穏やかで揺れは気になりませんでした。(初日は)


にっぽん丸は宮崎県日南市油津港へ。




3月30日

【船内新聞】


9時頃、油津港に入港。

オプショナルツアーのためのバスやタクシーが並んでます。ご当地キャラの出迎えも。岸壁イベントでは、物産展や観光案内所もあります。

この様子はNHKや民放でニュースになってました。




(油津港)


乗客のみなさんが下船したあとドルフィンホールでリハーサルが始まりました。


リハーサル後は出港まで 少しですが自由時間!

ゆっくり船内を散策したり、デッキで本を読んだり。




(7階プール)


7階プールサイドの「リドテラス」では、GODIVAのショコリキサーが無料で飲めます!!




朝食・昼食・夕食は時間が決まってます。その他はハンバーガーやホットドックの軽食やソフトドリンクやアイスクリームなどは9時~23時まで提供されています。

基本的にアルコール以外無料です。






能楽宝生流『翁』(4階ドルフィンホール)

①18:00~

②20:30~



地謡は覆面を着用。


公演前から外洋でしたので想像以上に揺れました!

楽屋で傾きながら準備や能装束を着けたりしましたが、本番中は踏ん張り続けました!!

公演後は船内でお客様より、喜びの声や「揺れの中、大変でしたね」など、労いの言葉をいただき嬉しい気持ちになりました。

このような素敵な交流は洋上ならではですね。



「にっぽん丸」の最大の特徴は食へのこだわりと聞いてました。その美味しさに

は慣れない洋上公演を無事に終えた出演者全員の心を癒してくれました。


洋上公演という貴重な機会をいただき「にっぽん丸」クルーをはじめ、関係者の皆さんに感謝しております。



3月31日

【船内新聞】



(神戸港)


シーズン2を期待して。




















60回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示