top of page

アゼルバイジャン公演🇦🇿

(公演会場 ヘイダル・アリエフ・センター)




アゼルバイジャン・ミラノ公演

1/29~2/7

✈️羽田→イスタンブール→バグー



初めてのアゼルバイジャン🇦🇿です。

直行便がないのでイスタンブールでトランジット、アゼルバイジャン(バクー)に到着まで約20時間かかりました。



アゼルバイジャン「バクー」はカスピ海に面し、街は綺麗で治安も良く、人も穏やかで近代的な建物と世界遺産の旧市街があり素敵な首都「バクー」です。

(カスピ海とバグー市内)

(旧市街から見えるフレイムタワー)

(夜になると炎や様々のライティングがされるフレイムタワー)

(バグー中心街)





公演前にはアゼルバイジャンのNEWSになってました。⬇️⬇️

(世界遺産である能がヘイダル・アリエフ・センターにて催されることの紹介です)





(公演チラシ)





ヘイダル・アリエフ・センターは外観も会場のホールも斬新で未来的な建築物です。

(正面左側)


(場当たり)


(公演中)


(超満員です)


(字幕はアゼルバイジャン語)


(カーテンコール)



(環境天然資源大臣)


環境天然資源大臣、在アゼルバイジャン大使、政府関係者と。

経済大臣も観劇されました。




現地の取材もたくさん入りNEWSにも。


能は番組最後のため映ってませんが、前半の素囃子と狂言のみのNEWS動画です。


⬇️⬇️(NEWS動画)


⬇️⬇️(NEWS記事1)


⬇️⬇️(記事2)


⬇️⬇️(記事3)


⬇️⬇️(記事4)





翌日はテレビの取材で、出演者が世界遺産の旧市街を散策してるシーンと、家元のインタビューなどを撮影。



(どんな番組か気になるところですが)





政府関係スポンサーの招待で、マリオネット観劇や、連日の美味しいアゼルバイジャン料理など盛りだくさんでした。

(マリオネット劇場)

(特別に工房・スタジオ見学も)

(マリオネット観劇後、出演者と)



(素敵なアゼルバイジャンレストラン)


(名物の王様ピラフ)




濃密で刺激的な5日間の滞在でした。


次はイタリア🇮🇹ミラノ編です!












閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page