オマーン公演記 ロイヤルオペラハウス


(ロイヤルオペラハウス)



日本 オマーン国交50周年記念公演

🟡オマーン公演(マスカット)

 能「石橋」童子:野月聡 獅子:宝生和英

 舞囃子「船弁慶」小倉伸二郎

 3月8日 18:30

会場

  ロイヤルオペラハウス(王立劇場) 



(パンフレット表紙)1p



2p



3p



4p



(ロイヤルオペラハウス)


ロイヤルオペラハウスには大小2つの劇場があるそうです。今回の公演は特別に屋外での公演になります。(画像は小さい方の劇場です)


楽屋からはここを通り中庭の特設舞台へ行きます。




(出演者パス)

建物内には所々にセキュリティチェックがあります。




(オペラのギャラリー)





カフェもありました。



(会場)

大理石!



(反対側より)



午前より会場で様々なチェックをします。

舞台は日差しが当たり熱くて上がれません。


ようやく日陰になってきました。

この後に最終公演のリハーサル。




(公演中)






友好と平和に包まれた素晴らしい空間でした。


世界中に広がりますように。




ホテルからマスカット市内





《番外編》

ドバイからオマーン(マスカット)までの道のり&帰国

初めて陸路で国境を越えました。


沢山の荷物を積んでマイクロバスで移動します。





なんと、9時間かかりました!!

(ドバイ〜マスカット)





ひたすら砂漠。

ラクダも見つけました。



途中 休憩をして昼食タイム。

ドバイ出発時に受け取ったお弁当を砂漠を見ながらいただきます。





数時間後、だんだん道が狭くなり有刺鉄線に囲まれた国境の検問所に到着。


①検問所にてバスを降りUAE出国の手続き。

パスポート、陰性証明書等を提出します。

(空港での手続のように)


②バスに乗り次の検問所へ移動します。

次は全ての荷物検査です。

トランクやリュックなどX線検査。

その間バスの中もチェックされてたようです。

バスに乗車し係員から顔確認後パスポートを受け取ります。


③又バスでしばらく移動し次はオマーン入国審査。

バスを降り検問所にてパスポートや各証明書の提示をします。


①〜③国境を超えるのに2時間30分かかりました。(国境を超えるのは大変なんですね〜)




翌日は帰国のためのPCR検査(喉と鼻)をし、最終公演へ。



無事に全員が陰性を確定し、オマーン空港へ。

(新しい空港です)


帰国に必要なアプリ登録や陰性証明書、接種証明書のダウンロード、誓約書記入などやることがたくさんあります。





砂漠を越えドバイ空港へ。

(1時間半)


約9時間のトランジット。防疫の関係で空港の外には出れません。


広すぎる空港で賑やかでしたが、深夜3時の便で眠気が。


エミレーツ航空搭乗口でも登録したアプリのデータを提示をします。ようやく搭乗し成田空港へ。(約10時間)

機内は空いてて1列に1人とゆったり。



成田空港に到着し、準備をしたアプリや各証明書の提示。PCR検査と結果待ち、帰国後の説明などあり陰性と判明すれば私達は帰れました。(約3時間かかりました)



大変な時期でしたが無事に公演が終えたこと、出演者全員が期間中含め陰性で帰国出来たことに安心しております。


ありがとうございました。






































閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

放送予定日:9月25日(日) 6:00~6:55 NHK-FM (「NHKラジオ らじる★らじる」「radiko」での1週間の聞き逃し配信あり) 【作品 2021年10月10日放送分 FM能楽堂】 宝生流「女郎花」 シテと地謡   東川光夫 ワキと地謡   野月聡 ツレと地謡   亀井雄二 地謡      金森良充 地謡      藤井秋雅